FC2ブログ

どうか生きて居てくださいって、ただ願ったときのこと。 

2017, 01. 10 (Tue) 00:41


こんばんは、ゆなです。(*´ㅂ`*)






今日もご主人様への想いが、ゆなの胸にいっぱいです。



すこしだけ前のおはなしなのですけど、書き残させて頂きたいなぁと思います。✨(*´ー`*)








ご主人様はそのころ、


ご主人様の目指されてるものの為に、遠くで、お一人、がんばっておられました。







ご主人様はもともと、


ご自身がお辛いときに、誰かに弱音を吐いたり、愚痴を言ったりなさるような、


そんなお人ではありません。







その時も、睡眠時間を削られて、お身体をひどく酷使されておられたのだと思います。







ゆなは、そんなご主人様のお疲れを、ご主人様のほんとに些細なお言葉から感じさせて頂いて。。



ご主人様の、そんな些細なお疲れのご様子を教えてくださることがゆなはうれしかったです。



そして一緒に心配にもなりました。






一生懸命に頑張っておられるご主人様のことを、


なんとか励ましたくなってしまって、


ご主人様なら大丈夫ですって、すこしでもお伝えさせて頂きたくて。。







結局、


ゆながしなくてはいけない、ゆなの日常のことに影響を出してしまって、


かえってご主人様に、ゆなのご心配を頂いてしまうことになってしまいました。。(´;ω;`)






それからご主人様は、


お身体やご気分のご様子を、奴隷のゆなに、またあんまり深くはお話しなさらなくなられました。。(T . T)




ちょっとしょんぼりしちゃったのですけど

次は自然に、ゆなのできる範囲で添わせていただこうって思っていました。







その数週間の間、ずっとお咳が続かれていたご主人様でした。







そして、ある日高熱が出たと、唐突にご連絡を頂き、


病院にいると、ご報告をいただきました。








そこから、ご連絡がいっさい途絶えてしまいました。







ゆなは、状況がぜんぜんわからなくて、



とにかくご主人様がご無事でいらっしゃるのか、どんなご状態でいらっしゃるのか、



お辛くはないのか、、


苦しくはないのか、、


ちゃんと手当てしていただいているのか、、、






ぐるぐる考えちゃって、心配で、、、、。







いつも、問題がないときには欠かさず、ご連絡をくださるご主人様です。







そのご主人様からのご連絡が、病院を最後に途切れちゃった。。。





心配するゆなに、ご主人様はその時、



平気だよ。



って、何回かおっしゃいました。。。








何度も何度も、ご主人様のそのお言葉がくるくるしてました。。





だって、いつものご主人様の、「平気だよ」は、


本当に、平気な時なんです。






なのに、


この時のご主人様の「平気だよ」は、


どうしても、本当は平気じゃないんじゃないかって、、そんな感じが凄くしたんです。








心配が心配をもっと大きくして、いっぱいになっちゃって、


そのあとゆなはお仕事してても、何してても手につかなくて。。









自分の中で、


ご主人様が平気だよっておっしゃったんだから、大丈夫!って自分の事元気づけてみたり、



症状調べて、変なことになっていないかとか、検索すっごく下手なのですけどしてみたり、



お友達に不安で相談しちゃったり、、






二日か三日、そんな日が続いて、


ゆなは、ご主人様が生きていて、存在してくださっているっていうことのかけがえのなさを、


本当に、とにかく心の底から痛感していました。









生きていてさえいてくださったなら、


もう、それだけでいいって、本当に、本当に、想いました。







だから、神様にも、いっぱいお願いしてしまいました。




どうかご主人様を、どうか神様、守ってくださいってお願いしました。










ようやくご連絡が頂けた時、、


神様、、おききくださったのでしょうか。


お友達の大丈夫だよの言葉と同じに、ご主人様のご容体は安定されて、回復に向かわれていらっしゃいました。









ゆなは、もう、ふわああーーーって一気に気が抜けて、


とにかく、よかったって、、本当に、もうただそれだけで。。( ; ; )









ご主人様は、そんなときにも、ゆなに心配をかけないようにって、


いつもみたいに軽くいじわるおっしゃってゆなのことをつっつかれて。。。(´;ω;`)






もう。 もう。ご主人さまはこんなときに〜。。。。(>_<)



いつもは嬉し困りするゆなも、その時はもうっ。ってなってしまいました(T ^ T)












あの時から、


ご主人様が生きて居てくださるっていうこと、


ただ生きて 在ってくださっている、っていうこと。




ただそれだけでいい、って前以上に強く深く感じながら毎日を過ごしています。









そのすこし後、


ご主人様がゆなの存在のお話しとして与えてくださった、


「存在の在る、無い」のお話は、とても、心に響きました。







この経験させていただけていなかったなら、たぶんゆなあんまりわからなかったかな。。って(*´ㅂ`*)ゞ✨


振り返りながら、そう感じてたりしています。










こんどは、ご主人様が大変な時、少しでも支えになって差し上げられるような、


そんなゆなに、ゆなはもっとなりたいです。✨



そして、ゆなも、ご主人様にご心配かけないようになっていきます。



これは ほんとに強くある、ゆなのがんばる目標の一つです。✨




また、明日からも、ご主人様への気持ち胸いっぱいに、ゆなはがんばっていきます。✨










関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント