FC2ブログ

ご主人様と奴隷のゆなの主従の形。 

2016, 07. 18 (Mon) 23:48





こんにちは。(*´⁻`*)




もうすぐ、ご主人様がお好きだって教えてくださった夏が。



そしてゆなも大好きな夏がやってきます。




お外では蝉がじんじん鳴いていて、聞いていると、どこか懐かしい気持ちになります。














今日は、ご主人様と奴隷のゆなの主従の形について。



書き残しておきたいと思います。














ご主人様は、奴隷のゆなをご自由にお使いくださいます。




それは、ご主人様のお気の向かれるまま、その時のご気分によって、どんな形にも変わります。





私の心と身体に、お優しいお気持ちを与えてくださることもあれば、



反対に、相当の痛み・苦しみを与えてくださることもあります。







ご主人様のお愉しみくださる嗜好として、



「奴隷が苦痛に苦しみながら、それでも喜んでいる姿」



というものがあります。








ご主人様に、奴隷の私をかたどる心と身体の全てを差し出して



ご主人様にお使いいただけることを心から嬉しいと感じ、喜んでいる気持ち。

(それは、決して耐えたり、無理をしながらお受けするというものではなく。)







そういった、ご主人様を想う奴隷の気持ちを感じ取って頂き、お愉しみいただく為の手段としての


苦痛があるのだと思います。
















奴隷の私の方はというと


もともとSMには幼い頃から 訳も分からないのにどうしようもなく惹かれていましたが、


苦しいこと・痛いことに惹かれることは全くありませんでした。







心はもちろん、身体も、


誰かに傷つけられること、苦しみを与えられること…。   




とてもとても怖かったのです。







主従を含む、「絶対的な存在」というものから、無抵抗な立場の私に発せられる暴力は、



私の小さな頃に脅かされ続けてきた存在と、あまりにも繋がり過ぎていたのだと思います。






そんな幼いころからの繋がりもあって、私は優しさの場所でだけ命を守れるような感覚があり、



いつも、そんな場所に逃げ、身を置いてきました。







でも、いつもどこか、どうしても満たされなかった私の心。




やさしさの中に身を置いても、心にこびり付いているような不安は全く消えない。




だから、そこには本当の心の安らぎは無いことを、どこかで感じ続けて生きてきたのだと思います。









そんな私を ご主人様は飼ってくださり



その強い苦しみを知り、預かってくださり、そのうえで苦しみを与え、遊んでくださいます。







ご主人様に苦しめられると、


私の心は、この上ない程傷付いて、痛くて、辛くて、苦しくて。。。




なみだがぼろぼろ…、これでもかっていうくらいに零れ落ち、



諦めと、絶望の中へと突き落とされます。











なのに、それでも、ご主人様はそこに居てくださり、



奴隷の私の苦しむ姿を感じていてくださる…。





そのことに私の心は 絶望の中であっても、心の底から安心します。




いきてきて感じたこともない位の安心感とともに、心の底から深く喜んでいるのです。







ご主人様のご満足の為に、奴隷の私の苦しみを差し出させて頂けるということは


私のとてつもない恐怖を、お渡しさせて頂けるということ。








そして、ご主人様への私のこの想いを 形として示すことで感じて頂き、



お役に立てるという事に対する、喜びと幸せ。









こんなにも過去と繋がった恐怖と、苦痛を、


どうしてすべてでお渡しすることが出来るでしょうか。








行為が目的なだけの単なる苦痛に耐えることなんて 私には到底出来ません。










ご主人様からの苦痛だけは、よろこんでしまえる理由。







それは、「ご主人様だから。」






ただそれだけなのです。










心を見て、感じて、お愉しみ下さるご主人様だからこそ、ゆなはゆなの痛み・苦しみ、そのすべてを差し出させて頂きたいと願えるのです。







そして、与えて頂ける苦しみのその先にある、心からの安心を得ることが出来るのです。








私は、ご主人様だけのものです。







ご主人様に苦しめて頂くことで、本当の喜びを与えて頂けていることを



心から、心の底から 感謝しています。








こんなにも、穏やかで安らげる場所を教えてくださったご主人様に、



今度は奴隷のゆなが、



本当の意味でのご主人様のご満足の為に、ただお仕えさせていただきたいと願うのです。








私の目的は、ご主人様のご満足。




ただ、それだけです。




それこそが、奴隷のゆなが心から望む、本当の幸せの形なのです。




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

@i♀

ゆなさん、おはようございます。

>>ご主人様だから

この一言に尽きますよね。

良いも悪いも何もかも

どんな事も

受け入れられ、幸せな気持ちになり

そしてとてつも無い絶望感で死ぬより辛いのも

ご主人様だから。

勿論、後者を感じても、離れるなんて毛頭思わないのも

ご主人様だから。

心が決めた、ただ1人の人だから。

ゆなさん、そう思えるたった1人の存在に

出会えたこと繋がれたこと

幸せですね (●´⌓`●)

2016/07/19 (Tue) 07:20 | @i♀ | 編集 | 返信

ゆな

@iさん

こんばんは@iさん(*´ㅂ`*)

お返事遅くなりました。

はい…、ほんとうですね…

ご主人様だから、苦しい

ご主人様だから、辛い

ご主人様だから、嬉しい

ご主人様だから、しあわせ

どれもこれも、ご主人様からご主人様のお心そのままに与えて頂けるもの。

それこそが、

それだけがゆなの幸せです。



形はその時々に違っても、

何もかも幸せですなのですよね。


だって、それがそのとき、ご主人様の望んでおられる事、なのだから。



はいっ。

ゆなは、本当に幸せな奴隷です。

もう、これ以上、ご主人様のお望み以外、何も要らないなぁ〜って思って

日々を過ごしています。

2016/07/20 (Wed) 21:14 | ゆな | 編集 | 返信

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/25 (Mon) 20:01 | | 編集 | 返信

ゆな

鍵コメントさま

鍵コメントさま

初めまして、ですよね(o^^o)
コメント下さって、ありがとうございます。
以前からご覧下さっていたのでしょうか…嬉しいです(o^^o)

そうなのですね……
鍵コメントさまも、ご主人様との御関係が大変な時があったのですね。

大切なお方にお仕えしているからこそ、落ち込んでしまうことも、泣いてしまうことも、
きっとありますよね。

わたしもまだまだ、不出来な為に落ち込むこともあるのですけれど、
ご主人様はいつも変わらずにお側においていてくださっているということ…
感じられるたび、
ちょっとずつではあるのですけど、
こころが安心していくような…そんな気がしています。(*´ㅂ`*)

わたしとご主人様のことを応援してくださっていること。
とても嬉しく思います。(o^^o)

ありがとうございます。。

鍵コメントさまとご主人様とのご関係も、より良いものになっていけますように…
お祈りしています(o^^o)

またいつでも遊びにいらしてくださいませ(o^^o)

2016/07/26 (Tue) 18:56 | ゆな | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント