FC2ブログ

報われ、救われた心 

2016, 07. 04 (Mon) 13:20






ご主人様が、奴隷のゆなをもう一度受け入れて下さった時、



私に与えてくださった大切なお言葉があります。







それは、




私のことを愛していない





というお言葉です。








一見すると、



このお言葉は、

奴隷の私にとって、とても苦しいもののように感じる方もいらっしゃるかもしれません。






大切なお方に愛されることがないのに、



奴隷として、私のすべてを捧げ すべてでお仕えするということが、



幸せなことなんかである訳がないと。。











けれど…



本当のところは、そうではありません。










私は、ご主人様に奴隷として飼っていただけるようになってからずっと




ご主人様を愛すことで、愛されたいと願っていたのです。







それがきっと、ご主人様が奴隷の私にずっとお教えくださっていた



見返りを求める「 条件付きの愛 」 でした。








そして私は、



大切なお方に愛されたいと願う私自身を否定していたから



愛されたいと願う欲求に、気づくことさえ出来ないでいました。








…表面では



「ご主人様に愛されなくても良い。それが奴隷のゆなの幸せ」だと思っていても



本当の、心の奥底では 愛されたかったのです。







心の奥底にある愛されたいという想いに気が付けず、



自分でも知らないうちに抑え込もうとすれば



心はまた無理し続けることになり、



また今回のような 同じ過ちを繰り返してしまうことになる。






無理をし続けた結果として その先に待つものは



私にとって何よりも大切なご主人様のお心を、また同じように傷つけてしまうことになるのです。











私は ご主人様に願いました。




私のこの愛されたがる汚い心をどうか殺して下さい と。









私の心が欲しがり、追い求めてしまうその不必要なその想いを




ご主人様のそのお言葉によって、消していただきたかったのです。







それが叶えて頂けるとしたのなら…。






私はやっと本当の意味で



私のなりたかった本当の私になれて、



ご主人様をただ、愛していけるだけの私になれる……。







ご主人様へ湧き上がるこの暖かな想いだけを



ご主人様にお渡しさせていただける。。









泣きながら



ぐちゃぐちゃになりながら願った私に、



ご主人様はそのお言葉を与えてくださいました。






それは、冷たいお言葉とは裏腹に、



とても とても お優しいお言葉に感じました。







いただけた瞬間から、



私の心の苦しみの核の部分から 和らいでいくように感じました。








あの時、きっと私の心が初めて



本当の意味でご主人様に救っていただけた瞬間でした。








その先に残ったものは、



私の、ただあふれ出るご主人様への暖かくて柔らかな想いだけ。








私は、いま本当の意味で



ご主人様に差し出させていただきたかった心だけを



どうしてもお渡ししたかったそのものだけを、



お渡しさせていただけているように感じています。







ずっとずっと、耐えられないほどに苦しかった私の想い。



ずっとずっと、捨ててしまいたかった、



なのに、どうしても捨てることのできなかった苦しみを取り除いてくださったのは




この世界でただおひとりだけ。




ただお一人だけの、ご主人様なのです。










ご主人様にお導きいただいて、たどり着けたこの場所は



私が生まれてから初めて知る、



ずっと辿り着きたくて探していたその場所 そのものです。










私は、ご主人様に私のすべてを捧げて、一生をかけて付いていきます。




ご主人様が教えてくださった、この暖かい想いをたくさんたくさん心に抱えて。






関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

@i

ゆなさん、こんばんは。

うん・・・うん・・・。

普通の人には、ご主人様のそのお言葉が

どれほど【想い】詰まったものか、

きっと理解できないと思う。

それを解ったうえで

ゆなさんの気持ちを受け止めたうえで

与えて下さったご主人様の、大きなこころ・・・。(ノω;)

ゆなさん、よかったですね;;

ずっと、ずうっと、おふたりが幸せな関係でいられますように

わたしこれからもずっと、見守っています。

2016/07/05 (Tue) 22:32 | @i | 編集 | 返信

ゆな

@iさん

こんばんは。


この言葉をどうか、どうか、頂きたいと願ったわたしのとてつもない苦しみも

それを知って下さり、そして、与えてくださったご主人様の暖かさも…


@iさんなら、きっとお分かりくださいますね。。




本当に心満たされる言葉は、

暖かい、冷たい、という

表面上の言葉そのもので与えられるものではないのだということ…

この時改めて、深く深くお教えいただきました。



こんな言葉を、苦しみを取り去る為に、お与えくださるご主人様は

何処までも、誰よりも、暖かいお方なのだと思います。




まだまだ私はご主人様の奴隷としてこれからですが、

2度と同じ過ちだけは犯さないように、

ゆったりと、のんびりと、ご主人様について行かせていただきたいと思います。


@iさんの、暖かく見守っていてくださるお心に

感謝いたします。。

2016/07/08 (Fri) 00:11 | ゆな | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント