FC2ブログ

ご主人様への幸せ過ぎるご奉仕 

2017, 10. 15 (Sun) 22:01



こんにちは(*´ㅂ`*)


今日は、ご主人様へのご奉仕のお時間を書き残しておきたいなぁと思います🌸




ご主人様の

大切な両方のおみ足様へのご奉仕を

ゆっくり、大切に、させていただいた後、、



今度は

お身体へのご奉仕をするように

ご主人様が、奴隷のゆなに命じられます




そのまま仰向けになられたご主人様のお身体の上に


ゆなは、ゆっくりと跨らせていただき


ご主人様のお顔を


上からじっ、、、と見つめさせていただきます




ただそれだけのことなのに


ゆなの胸は苦しくて


言い表せない気持ちがこみ上げてきます



ご主人様のすべてが、


愛し過ぎて…


切なくて、心が壊れそうな気持ち。。。、




ご主人様は


ゆなの目を見つめてくださりながら


とても甘いお声で奴隷のゆなの名前をお呼びになられ、



キスしろ


そう、仰いました



ご主人様のそのお言葉に、ゆなの心臓から喜びが飛び抜けてしまいそうでした




普段、ご主人様とのキスは

奴隷のゆなからさせて頂けるような、そんな簡単なものではなくて

ご主人様が思う時にだけ

ご主人様の感覚で与えてくださるものです




奴隷のゆなからご主人様にキスをさせて頂くご命令なんて

普段は決していただけないことなのに、


それをご主人様が望んでくださっていることが嬉しくて。。。




ゆなは心を込めて


ご主人様の柔らかいお唇様に唇を重ね合わさせていただきます、、




ご主人様のすこし開かれたお唇様の間から


ゆなの唇と舌をすこしだけいれたり


全体を包んだり、、


ご主人様のことが大切でたまらないゆなの気持ちを


精いっぱいのせさせていただくみたいに


大切に触れさせていただきました





お耳様へのご奉仕も


1つ1つの部分を大切にゆっくりと舐めさせていただきす


気持ち良さそうに


お声を漏らしてくださるご主人様のお声が嬉しくて、


ゆなまでたまらなく気持ちよくて。。、、






ご主人様のお腹や、腕やお胸を撫でさせていただきながら


乳首にも、、、






そうして

ゆなはおちんちん様へのご奉仕を始めて


また、大切に大切に


ゆっくりと、丁寧に


舌を這わせながら、舐めさせていただきます





ご主人様のおちんちん様が気持ち良さそうに反応してくださるたび


ゆなは苦しくてたまらない気持ちになりながら


目を瞑って下さっているお幸せそうなご主人様のお顔を


そっと見つめさせていただきます、、






ご主人様に全て


気持ちよくなっていただきたくて


ゆなの心も身体も舌も唇もぜんぶ使って


最大限の悦びを感じていただきたくて。。






ご主人様のお心だけを想って、ご奉仕させていただきました





ご主人様は


とけてしまうと仰ってくださり、、、


お身体の快楽にただ身を任せて下さいます、、、。



そんなご主人様のご様子に


ゆなの心までどうしようもなくとろけていきます。。






そうして


お出し下さる時には


奴隷のゆなの口の中へと、与えてくださいました







ご主人様は


最上級の奉仕だとお褒めの言葉を下さり


喜んでくださいました、、、





つぎのご奉仕させて頂ける時には


もっと、もっとってご主人様になって頂けるくらいまで



ご奉仕で気持ちよくなって頂けるように


努力させていただきたいと思いました🌸






一生


忘れることのできない


ご主人様へのご奉仕のお時間がまた増えました。。





ご主人様が奴隷のゆなに安心してお身体とお心を委ねて下さったこと。。


ご主人様の快楽の為にだけ、ゆなのことを使って下さったこと。。



ゆなは本当に、幸せな奴隷です




ご主人様、、

ありがとうございました







スポンサーサイト
[PR]

ご主人様の想う時に、いつでも、捨てて下さい、という想い。 

2017, 09. 23 (Sat) 21:21



こんばんは(๑′ᴗ‵๑)


久しぶりにブログを更新してみたいと思います。




私は、ご主人様に出会わせていただけた3年前の秋から


ご主人様を想う気持ちは何一つ変わることがありません。



今まで生きてきた何十年分かの、本当の意味での苦しみを味わいました。


今まで生きてきた何十年分かの、本当の幸せや喜びを与えて頂きました。




私は、

ご主人様に出会わせていただけた瞬間のあの時から

私の生きてきた意味の全てが報っていただけたと思っています。




ご主人様がだいすきで


ご主人様の喜んでくださることが満たされることを願って


そんな自分になれるように


私なりにではあるのですけど、一生懸命に努めて来ました。





感じて来た苦しみは、乗り越えさせていただけた数だけ

私の中で、大きな自信になっていきました。





初めの頃…


私はご主人様にいつ捨てていただいても構わないと思っていました。



ご主人様に出会わせて頂けた瞬間から


ゆなは人生分、幸せだったと思ったからです。



反面、

ご主人様に捨てられることが、怖かったからでもありました。





だけど、今は


ご主人様のお好きなときに、


お望みの通りに


ゆなを捨てて下さって良いのです。って、心の底から思っています。




ご主人様の望んでくださるゆなであれば


ゆなの全て使って、お仕えさせて頂くだけですし



ご主人様が望んでくださる形がゆなを捨てることであれば


喜んで捨てて頂きます。





私は

ご主人様から逃げることなく


ご主人様の与えてくださる苦しみも喜びも幸せも



全部全部


ゆなのすべてで、お受けするだけです。





ご主人様の幸せが


ゆなの幸せで



ご主人様の悲しみは


ゆなの悲しみです。






ご主人様に


ありがとうございますの気持ちでいっぱいなのは


ご主人様のことを

こんなにも愛させて下さったこと。


こんなにもたくさんのお心を与えて下さったこと。


想い出も、お言葉も、いきていて下さっていることも



なにもかも。




ご主人様に


ありがとうございます。




これからも、ご主人様の為に


ご主人様がお望みになられる場所へ


奴隷のゆなを、付いて行かせて下さい。



ゆなの幸せはご主人様のお心の中にだけ、あります。






3年越しの、勘違い 

2017, 08. 13 (Sun) 19:18




こんにちは(o^^o)


ゆなです。





‪3年前。。‬



‪ご主人様にお会いすることが初めて叶い、ご調教をお受けした時のこと‬。



‪ご主人様の目の前で、心も身体も脳みその中もなにもかも。。‬



‪ドキドキとクラクラで、今にも弾けてしまいそうなゆなに‬



‪服を脱げ

‪とご主人様がご命令を下さいました‬。。



‪ゆなは‬、ご主人様に与えられるご命令が気持ち良くて

緊張して…苦しくて…恥ずかしくて、‬


‪なかなかお洋服を脱ぐことができなくてノロノロしてしまいました‬。。




‪ご主人様は‬、

‪そんなゆなをお待ち下さっていたのですけど、ゆなのノロノロ加減に‬

‪はやく脱げよ…とすこし呆れ気味に仰られたのです。



なのでゆなは、そこから恥ずかしさもなにもかも全部放ったらかして

シュタッッ!!って裸んぼになりました。





‪ゆなはその日から‬、


‪ご主人様の前でお洋服を脱ぐ時は、ご主人様のご機嫌を損ねてしまわないよう‬


速く脱ごう!って、決めていました‬。




‪だからそれからのゆなはいつも‬


‪ご主人様から‬服を脱げとご命令が下るやいなや‬


‪ご命令とほぼ同時くらいの勢いで‬


‪ハイーーーーッッ!!ってお返事をして‬


それはもう‪大急ぎで裸になるようにしてたのです✨‬




‪ゆなは3年間ずぅーっと


‪ご主人様が速く脱ぐのがお好きなんだろうなって認識していたので‬


‪すごく速く脱ぐように、心掛けてそうしていたのです。✨




‪だけど。‬。、




ご主人様がついこの前‬、ゆなのその速脱ぎのことについてお話しされたとき、



お前みたいに、あんなに速くパンツ脱ぐ女はいない‬


‪って仰って。。‬(i o i)



そんな‪ゆなのことを可笑しいって仰って

それは愉しそうにあははははって笑われて、、。。(;o;)‬✨





‪。。。3年目にして初めて知ったのですけど


ご主人様は別に、ゆっくりセクシーに脱ぐのもお好きだったそうなのです。。



えええ……って、ショックを受けて落胆してしまったゆななのですけど


だけど

シュタッ!!って速脱ぎするゆなも良いって仰って下さったので

ゆなは、ホッとさせて頂けて。。(*´ㅂ`*)✨‬🌸





‪3年越しのこんなおかしな勘違いもあったのですけど‬

‪これからもご主人様の楽しさの為に‬

‪一生懸命、お洋服と、パンツの速脱ぎをしていきたいなって思いました✨🌸(*´ㅂ`*)‬





セクシー脱ぎの方も

ご主人様からご要望頂けた時には

落ち着いて、ゆっくりと

パンツを脱いでいこうって思ったのでした(*´ㅂ`*)🌸










ご主人様のなにもかも。。 

2017, 08. 07 (Mon) 21:54



お久しぶりです✨そして、こんばんは

ゆなです(*´ㅂ`*)





ご主人様へのゆなの想いが、最近ますますとどまることを知りません。



ご主人様の笑ったお顔が好きです。


ご主人様の大きなお胸が好きです。


ご主人様のゆなってお呼び下さるお声が好きです。


ご主人様がぴしゃって冷たく、ゆなを退けるお言葉が好きです。


ご主人様がゆなの真似して、泣き顔のかおもじをわざと使って下さるときが好きです。


ご主人様の匂いが好きです。


ご主人様のいろんな色に変わられるお目目が好きです。


ご主人様のビンタが好きです。


ご主人様のイラマチオも

ご主人様のキスも

ご主人様の鞭も



なにもかも、

なにもかも…




いくらだって書き続けられるくらいに


ご主人様のすべてが大好きな奴隷です。





ご主人様が生きて存在してくださっているっていうそのことが

ゆなの幸せです。





「ゆなが居てよかった」

そんな風に与えて下さったお言葉が

ゆなは有り難くて、ありがた過ぎて、とても嬉しかったです。。




ご主人様。。

まだまだご主人様のお考えに反して

勝手に苦しみを抱えてしまう奴隷のゆなですが

どうかこれからも、ご主人様のお側においていて下さい





弱いゆなのことを、これからもどうぞご主人様の元にお導き下さい。。






ご主人様への想いが心からこぼれおちて仕方ない、そんな夜の記事でした。🌸







ご主人様からの3年越しの贈り物 

2017, 07. 16 (Sun) 01:32



こんばんは(o^^o)


ゆなです。



前回からの続きのご主人様に頂けた想い出のお話しです🌸


。。。。

やっとお目にかかれたご主人様の存在を

ゆなの心と身体にめいっぱい感じさせて頂いたあと。。。



ご主人様がふと、ベッド脇に置いておられるご主人様のバッグを持ってくるようにと

ゆなにご指示をくださいました。



ゆなはシャキシャキとご主人様のバッグを取りに行き、ご主人様にお渡しさせて頂きます。(*´ㅂ`*)


そしてご主人様のお足元に正座して、

バッグの中に手を入れて何かを探されておられるご主人様のご様子を拝見していました。✨


ご主人様が微笑みながら、、少しだけ悪そうなお顔されて

はいってゆなの手にお渡しくださったのは、


小さな一欠片のチョコレートでした(*´ㅂ`*)



あぁ、チョコレートです~ってゆなはお伝えして、

ありがとうございますと、ご主人様にお伝えしました。



。。。このチョコレートは、大事に取っておいてお家に持って帰ろう。✨✨


そう思ってテーブルの上に置きました。✨


ご主人様は、そんなゆなのことをにこにこご覧下さったあと、


また、バッグにお手を入れられたので

なんだろうなぁっておもっていました。



そのあと、、

ご主人様がバッグから取り出してくださったものがなんなのか理解できた瞬間、、


ゆなは、、あまりの感動に手で顏を覆ってしまいました・゚゚・(>_<)・゚゚・



ご主人様が取り出してくださったそれは、、

黒くて、しっかりとした、首輪とリードでした。。。




首輪の一部分を見せてくださって、そこには〈 yuna 〉っていうつづりが見えました、、、。




ご主人様は、

顔を覆ってどうしたらいいのかわからないくらいに興奮してしまっているゆなに、

受け取るようにとそっと首輪を近付けてくださいます。。



ゆなは、困り果ててしまいながら、大事に受け取らせて頂きます。。



ご主人様が急に与えてくださった贈り物が嬉し過ぎて、ありがた過ぎて、、

目を閉じたまま、腕を突っ張って

なるべく自分の身体から遠くに遠くに離していました。、



ご主人様が静かに、お優しくお言葉をかけてくださいました。


。。ずっとゆなに与えても良いとは思っていたんだけど、


本当に私の物になったと感じられるようになってから与えたいと思ったから、、


だから今にしたんだよ。


首輪は、指輪を贈るようなものだ




…そんな風に仰って下さって。。。(; _ ;)



ご主人様の暖かすぎる、思いのこもった首輪のありがたさに

涙が溢れてきてしまいました。。、




ご主人様は、始めのころから、ゆなが首輪を欲しがっているっていうことをずうっとご存知でいてくださいました。。



3年目になって、やっと

ゆなが欲しいときじゃない、ご主人様が与えたいと思ってくださったからこそ与えていただけたんだっていう事が

とても、とても有り難くて 嬉しくて。。。





それってゆなのこころも身体も、本当の意味で完全にご主人様のものになったと

ご主人様が認めてくださったように感じられて、

そのことがゆなは嬉しくて嬉しくて たまりませんでした。。。( i _ i )✨




ご主人様はそのあと、


泣きべそのゆなの首に、まっさらのその首輪をかけてくださいました。。


革の匂いがたくさんしました。



ご主人様が続いて、リードをつなげて下さいます。。


そして
ご主人様のおちんちん様へゆなの口を導かれ

リードでゆなの動きをコントロールされながら

イラマチオみたいにして使ってくださいました。


適当にリードを緩めたり…引っ張ったりされながら

これは頭を抑えなくていいから 楽だな、と仰いました。




そしてそのあと

ゆなが喜ぶことをわざとに与えてくださるために

おいで~とおっしゃって リードを引っ張り

裸に首輪一つのゆなを四つん這いにさせ、お部屋をお散歩して歩かせてくださいます。・゚゚・(>_<)・゚゚・




ご主人様はお散歩していただいて夢みたいに嬉しくてたまらなくなってるゆなを、

お部屋の入り口にあるドアノブの前まで連れて行かれて、

そこに、リードを引っ掛けられました。




ゆなをそこにつないだまま残されて、


ご主人様はお部屋の真ん中のソファに腰かけられてしまいます…。。。




遠くに行かれちゃったご主人様のお姿を

座ったままじーーーっと目で追いながら見つめていました。




ご主人様は、おタバコに火をつけられて そんなゆなをご鑑賞されて。。



遠くから愉しそ~うに、たくさん笑ってくださって。。。(´;о;`)✨



ゆなはうれしいのと、さみしいのと、興奮するのとで、混乱して


とにかくご主人様ぁって連呼していたような気がします



ゆながかわいそうで、それがすごく愉しかったって後でご主人様がお教えくださいました(*´ー`*)





ゆなは、飼い主さんに会いたくて、お相手して頂きたくて

じっとマテしている飼い犬の気持ちがすごくよく分かったような気がしました(*´ㅂ`*)






ご主人様の御心のたくさん詰まった首輪とリード✨✨




一生大切にさせて頂きます。✨

これからもご主人様の奴隷として、どうか一生生きさせていただけますように。。。✨